2005年02月12日

日本選手権2回戦(NEC vs サニックス)

秩父宮ラグビー場で日本選手権2回戦を観戦。
NECの対戦相手は、来季からトップリーグに復帰するサニックスボムズ

向山選手のブログでは、サニックスボムズについて、
「来シーズンからのトップリーグ参戦を決め、今のりにのっているチーム。
激しくプレーし、その痛みを全くいとわない闘争心のあるチーム」
とあったので、どのような展開になるかドキドキワクワク。

始まってみると、試合開始1分でNECがトライを決め、
その3分後にもトライが決まり、前回(神戸製鋼戦)とは違って、
NECペースで試合が進み、55−21でNECが勝利!

今回の試合では、ヤコ選手が怪我で出場していないし、
マーシュ選手も出場停止処分を受けてて出られないし、
大丈夫なのかなぁ・・・と少し心配だったのですが、
無事コマを進めることが出来てよかったです。

いつもなら、NECの試合が終わった時点ですぐ帰るのですが、
今日は、高校の同級生で、ラグビーをやってた友達が、
珍しく試合を観に来ているとのことだったので、
次に行われたトヨタvs早稲田の試合も観ることに。



年明けに国立競技場で観た早稲田 vs 同志社戦と同様、
いつの間にか、座席はかなりのお客さんで一杯に。

しかも9割くらいが早稲田側の応援で、
会場のどよめき方とか、すごいことになってました。
観ていてトヨタの選手が可哀相になっちゃうくらい。(笑)
完全にアウェイでやりづらそうでした。

はじめは、「どちらも頑張って!」と思っていたのですが、
早稲田側のやじの“品のなさ”に段々ムカついてきてしまい、(笑)
気づいたら、友達と一緒にトヨタの応援を。
NECの試合よりもこちらの方が白熱したかも・・・。

後半の20分頃までは早稲田がリードしていましたが、
その後、トヨタがようやく流れを掴んできて、
トライを続けて決め、最終的には28−9で勝利!!

早稲田陣営にいたにも関わらず、友達も私も、
「どうだ、社会人の強さを見たかっ!」くらいの勢いで、
トヨタの勝利をかなり喜んでしまいました。(笑)

PGを狙わずにスクラムで攻めてトライを狙う姿に、
今日は、社会人の意地のようなものを垣間見ました。
キックもいいけど、やっぱりトライを観たいですよね。

でも、家に帰ってからこの試合をTVで観て、
早稲田はすごいんだなぁと改めて思いました。
特に、FBの五郎丸選手に釘付け。
1年生なのに、あれだけ堂々として活躍もしてて。
ヤコさま同様、ハーフウェイライン辺りからゴールキックを決めたし。
この先がどんどん楽しみだなぁと思いました。
posted by calista at 21:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学生ラグビーはいろんな意味で熱いからねー
でも社会人ラグビーとは違った面白さがあるよ。
社会人のラグビーチームの強さとは格段の違いがあるけど、
だからこそ応援にも熱が入っちゃうよね。

愛校心とかそういうのとは縁のない大学生活を送ってしまったから、
早稲田とか明治とか慶応とか諸々、熱いのもちょっと羨ましいよねー
Posted by 海苔ノリオ at 2005年02月13日 14:43
>ノリオさん

学生ラグビーは、根強い人気があるよね。
OBのおじさんが肩を組んで校歌を合唱してるのを見ると
ちょっと羨ましかったりしますね。(笑)

社会人は外国人選手もいて、学生と力の差がかなりあるけど、
今回はそれでも接戦で、大学生でも社会人に勝てるんじゃないかって感じだったね。
早稲田の選手が試合後に流してた悔し涙が美しかったなぁ。
Posted by calista at 2005年02月13日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。