2004年12月18日

ジャパントップリーグ (リーグ戦第10節:NEC vs ワールド)

トップリーグロゴ今週もラグビー観戦のため、秩父宮ラグビー場へ。
先週に続き、今回もかなり見応えのある試合でした!
今日のNECの対戦相手はワールドファイティングブル
現在、NECは12チーム中4位で、ワールドは11位。
先週より楽に勝ち星をあげられるかと思いきや・・・大苦戦。

後半に入ると、ワールドのラワンガ選手と大西キャプテン、NECの箕内キャプテンが、
「故意の反則」でイエローカードとなり、10分間の退場という一波乱も。
(ラグビーでイエローカードが出るなんて、初めて見ました!)

前回のNZ出身のレフリーは、穏やかで紳士的な審判でしたが、
今回の日本人レフリーは、声を荒げていて、え?と思う審判もあり、
選手がフラストレーションを感じてそうな場面も・・・。
実況の方が“レフリーは風のような存在であれ”と言ってましたが、それは大事ですね。

そして、試合の方は、残り時間15分でワールドが逆転。
しかしヤコ選手(もう“ヤコ様”と呼ばせていただきます。笑)が、50mのPGに成功!!
試合終了の2分前&ボールがクロスバーに当たるというギリギリさもありましたが、
勝利の女神が微笑み(まさにこの言葉が適切)、33−31でNECが勝利。
このヤコ様のPGは、あまりにもドラマチックで、絶叫しつつ、感動で半泣きでした!
トップリーグの残りあと2試合も白星になりますよーに。。

----------------------------------------------

熊谷選手のサインそして、今日は久しぶりに出待ちをしました。(笑)
もちろん一番のお目当ては、大好きなセミシ選手。
以前一緒に撮ったツーショット写真にサインをしていただき、
握手もしてもらいました!(毎度のことですが手が震えた・・・)
セミちゃんの手はココナッツのいい香りがしました♪
しばらく自分の手もいい匂いがして、洗いたくなかった。(笑)

そして、先週の試合後に焼き鳥屋さんでニアミスした熊谷選手に、
旗へサインしていただきました。(写真左上)

また今回は、偶然ラグビーマガジンを持参していたのですが、
水田選手の写真が掲載されてたので、そこにサインをしてもらいました。
「マニアックなの持ってるね(笑)」と言われてしまいましたが、
快くサインをしてくださって、とてもいい方でした。

“いい方”と言えば、友達が御ひいきにしている田中誠士選手。

田中選手

見た感じも紳士的ですが、対応もとっても丁寧。
試合中の激しさからは想像できないくらい、
ラグビー選手の方は親切で丁寧で、本当に素敵です。
試合の面白しさももちろんありますが、選手の魅力も大きいですね。

posted by calista at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1332829

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。